【総合歯科診療】埼玉上尾 なかむら歯科

TEL:048-773-7597 9:30~13:00/14:00~20:00

  • 診療コンセプト
  • スタッフ紹介・採用情報
  • 医院情報
  • アクセス

インプラント治療のリスクとは

  1. Home>
  2. インプラント治療のリスクとは

治療前にインプラントのリスクについて知っておきましょう

虫歯・歯周病などの病気の悪化や思わぬ事故によって歯を失うことは、誰にでも起こりうることです。
その際に行う補綴治療としてインプラント治療がおすすめですが、非常に高度な技術を必要とする歯科治療の一つであるためリスクも伴います。
安心してインプラント治療を行うためにも、事前にリスクについても学んでおく必要があるでしょう。

こちらのページでは、上尾市で総合歯科診療をお届けする歯医者「なかむら歯科」がインプラント治療におけるリスクについてご紹介します。
当院では、あらかじめ患者さまにリスクについて正しい知識を身につけていただくことで、より安心・安全な治療をご提供したいと考えています。

インプラント治療はさまざまなリスクを伴います

インプラント治療はさまざまなリスクを伴います

インプラント治療では、歯ぐきの切開や顎の骨に穴を開けるといった外科手術を行います。
手術は適切に処置が施されることが前提になりますが、どんなに気をつけていてもトラブルが発生してしまうケースは十分に考えられます。
手術によって発生する可能性があるリスクについては以下に掲載してある通りです。

治療における主なリスク
神経麻痺 手術中にドリルやインプラント体が神経などに触れることによって、損傷したり圧迫されたりすることで発生する可能性があります。
事前の診査が不十分で、しっかりと顎の形状を認識できていなかった場合などに起こり得ます。
血管損傷 手術中にドリルやインプラント体が血管を傷つけることがあると、大量出血する危険性があります。
神経の場合と同様に、こちらも治療前の入念で精密な診査によって血管の位置を正確に把握することでトラブルを回避できます。
術後の腫れやアザ 10人に1人くらいの割合で術後に患部が大きく腫れたり、アザが出現したりすることがあります。
とてもデリケートな口腔内なだけに、特に施術が問題ない場合でもこうしたケースが起こり得ます。
ほとんどの場合は時間の経過とともに症状がよくなるのでご安心ください。

インプラント治療には歯科用CTを使用しています

インプラント治療には歯科用CTを使用しています

上記のリスクでご紹介した神経麻痺や血管損傷などを起こさないようにするためには、口腔内の神経や血管を傷つけずに施術することが不可欠です。
ただ、口腔内や顎の骨の状況は一人ひとりの患者さまによって異なるため、診査を入念に行うことが重要になります。

当院では、インプラント治療に際して正確で精密な診査を実現するために、「歯科用CT」を採用しています。
歯科用CTは施術を行う患部を3次元画像で撮影することができるので、神経や血管が通っている位置やインプラントの土台となる顎の骨の厚みなど、細かい状況を正確に把握することが可能です。

サージカルガイドを用いた安全確実なインプラント手術

サージカルガイドを用いた安全確実なインプラント手術

インプラント治療は人工歯を固定するため、顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込む外科手術が必要です。
顎の骨に穴を開ける際に、ドリルの位置や深度、角度を正確に導き、ぶれないように維持する医療器具を「サージカルガイド」と呼びます。
サージカルガイドを使用することによって、ドリルの不具合を最小限に留めることができ、安全に手術を行えます。

当院では歯科医療CTを用いて精巧なサージカルガイドを作製していますので、顎の骨に複雑に通っている血管や神経を傷つけることはありません。
サージカルガイドのサポートによって、当院では最適な位置へのインプラントの埋入を実現しています。

インプラントは虫歯にならないと考えていませんか?

インプラントは虫歯にならないと考えていませんか?

確かに虫歯にはなりません、10年後の残存率は95%といわれるインプラントは、非常に長持ちする治療です。
ただし、ご自身の歯と同様にケアは必要であり、怠ることによって病気を招き抜け落ちてしまうケースもあります。
インプラント自体は人工歯根のため病気にかかることはありませんが、周囲の歯ぐきなどは適切なケアを行わなければなりません。

インプラント周囲のケアを怠り、歯周病と同様の症状が現れることを「インプラント歯周炎」といいます。
インプラントの周辺は食べカスなどの汚れが溜まりやすく、歯磨きがしにくいため、歯槽骨(歯を支える顎の骨)が炎症を起こすこともあります。
せっかく埋入したインプラントが抜け落ちるという事態を避けるためにも、適切なケアを行いましょう。

インプラント歯周炎を防ぐためにはご自身で歯磨きをしっかり行うことと、歯科医院で定期的なメインテナンスを受けることが大切です。
「インプラントの治療が終わったからもう安心」ということでは決してなく、治療完了後からすでにケアの段階に入ります。
インプラントを長く使い続けるためにも、ケアの重要性をしっかりと認識しておきましょう。

ページトップ

医院からのお知らせ

診療時間 日・祝
9:30-12:30
14:00-18:00
14:00-20:00

△:土曜日は17:00まで診療

  • かんたんweb 診療予約
  • 歯科タウン

35.9710034,139.59499449999998

なかむら歯科

35.9710034,139.59499449999998